エイチエスホームのSDGsへの取り組み

愛知県SDGsに登録し、取り組み内容を見える化しています

愛知県SDGsのページはこちら

エイチエスホームの登録内容についてはこちら(さらに具体的な内容についてはページ下に記載)

そもそもSDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。

2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。2030年を達成年限とし、17のゴール169のターゲットから構成されています。

(出典:外務省HP

日本でも「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」が設置され、2018年には29の自治体が「SDGs未来都市」として選ばれ、その内10事業が「自治体SDGsモデル事業」として選定されています。

このように、今後日本でもSDGsの考えや取組みがさらに広がっていくことが期待されます。

 

 

 

17の目標は上の画像になります。この画像、最近メディアなどでよく見かけるようになったのではないでしょうか。

具体的な内容は、下記の表にまとめましたのでご覧ください。

No.1 あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせよう
No.2 飢餓を終わらせ、全ての人が一年を通して栄養のある十分な食料を確保できるようにし、持続可能な農業を促進しよう
No.3 あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進しよう
No.4 全ての人が受けられる公正で質の高い教育を完全普及を達成し、生涯にわたって学習出来る機会を増やそう
No.5 男女平等を達成し、全ての女性及び女児の能力の可能性を伸ばそう
No.6 全ての人が安全な水とトイレを利用できるよう衛生環境を改善し、ずっと管理していけるようにしよう
No.7 全ての人が、安くて安定した持続可能な近代的エネルギーを利用できるようにしよう
No.8 誰も取り残さないで持続可能な経済成長を促進し、全ての人が生産的で働き甲斐のある人間らしい仕事に就くことが出来るようにしよう
No.9 災害に強いインフラ作り、持続可能な形で産業を発展させ、イノベーションを推進していこう
No.10 国内及び国家間の不平等を見直そう
No.11 安全で災害に強く、持続可能な都市及び居住環境を実現しよう
No.12 持続可能な方法で生産し、消費する取組を進めていこう
No.13 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じよう
No.14 持続可能な開発のために海洋資源を保全し、持続可能な形で利用しよう
No.15 陸上の生態系や森林の保護・回復と持続可能な利用を促進し、砂漠化と土地の劣化に対処し、生物多様性の損失を阻止しよう
No.16 持続可能な開発のための平和的で誰も置き去りにしない社会を促進し、全ての人が法や制度で守られる社会を構築しよう
No.17 目標達成のために必要な手段を強化し、持続可能な開発にむけて世界のみんなで協力しよう

 

エイチエスホームでは、以下のことに取り組んでいます

・高気密高断熱かつ自然を取り入れたパッシブの家を供給し、家庭におけるエネルギーの消費量を減らすようにしています。また太陽光パネルを標準の設備とし、電気を自給自足できる家を推奨しています。(⑪⑬)

・マルチエアコンと機械排気を用いた換気システムを標準の設備とし、機械で空気を循環させ家中どこでも同じ温度に。ヒートショック事故防止し、家族が安心して過ごすことのできる家づくりをしています。(③⑪⑬)

・長期優良住宅を標準とし、安心して長く住み続けることのできる家を供給することで、常に“つくる責任”を心がけています。
また、安心して長く住み続けられるというのは、限りある資源を大切に使うという考えでもあります。(⑪⑫⑮)

・耐震にも力を入れています。耐震等級3を全棟取得し、建築基準法に定められた基準のさらに1.5倍の耐震力であり、地震から大切な家族とお家を守ります。(⑪⑫)

・全棟省令準耐火構造とし、地震と同様、火災からも大切な家族とお家を守ります。(⑪⑫)

・フレックスタイム制と在宅勤務の導入をし、男女関係なく育児と仕事を両立できる働きやすい職場づくりをしています。(⑤⑧⑩)

 

 

 

LINEで気軽にお問い合わせください

ページトップへ